美味しいとは限らないけど有名

世界にはその国ならではの美味しい料理が数多く存在しています。

日本でも有名な世界の料理とは、イタリアンや、韓国料理、インド料理、フランス料理、スペイン料理、中華料理、そして勿論、日本料理など数々の世界料理があります。

その中でも世界三大料理として有名なのが「中華料理」「フランス料理」「トルコ料理」の三つです。

中華料理や、フランス料理は日本でも馴染みのある料理だと思うのですが、トルコ料理は日本ではあまり馴染みのない料理で知名度もそんなに高くはないと思います。

それなら、なぜこの三つの国の料理が世界三大料理と呼ばれるようになったのでしょうか。その由来とされているお話をご紹介したいと思います。

まず最初に多くの方が誤解されているかと思いますが、世界三大料理とは、美味しい料理という意味ではありません。

この三つの国に共通していますのが古い歴史を持っているという点です。

その昔、王族や貴族たちがそれぞれの料理人達の腕を競わせ合う為に広大な領土から集められた豊富な食材や珍味などを組み合わせた料理が、多彩で豪華な料理に仕上がり世界各国の料理に影響を与えたと言われています。

東洋では中華料理、西洋ではフランス料理、イスラムではトルコ料理として世界中に広がり、それぞれの国の料理の基礎として根付いています。

そでが世界三大料理となった由来とされています。続いてそれぞれの料理の特徴を説明したいと思います。

・中華料理の特徴
中華料理とは、北京料理、上海料理、四川料理、広東料理、主にこの四つの地域の料理に分けられています。北京料理は、味付けが濃く塩辛い味付けが特徴的です。

上海料理は、甘めの味付けが特徴的です。四川料理は、香辛料をたっぷりと使った辛めの味付けが特徴的です。

広東料理は、素材を活かした薄めの味付けが特徴的です。中国は広いですので、地域によって様々な料理が存在します。どの料理も日本人には馴染み深く愛されている料理です。

・フランス料理の特徴
フランス料理とは元々イタリア料理に影響を受け、宮廷で洗練された後にソースの技術が大きく発展した料理となったそうです。

プロヴァンス料理には、魚料理も多くオリーブオイルや、オリーブ、トマトなどが多く使用されています。

南フランスでは、ニンニクや卵黄、オリーブオイルなどで作られているアイオリソースが良く使用されています。

バスク料理には、トウガラシやトマトが多く使用されており、子羊の煮込み料理などが有名です。元々がイタリア料理の影響を大きく受けている事から、現在でもイタリア料理との共通点が多く見られます。

・トルコ料理の特徴
トルコ料理は、ギリシャやグルジア、シリアなどの地方料理と、トルコ民族の料理が組み合わさって出来た料理と言われています。

日本でも知られていますケバブには様々な種類があり、一般的に知られているケバブには、羊やニワトリの肉が使用されています。

肉を何重にも重ねて回転させながら焼き、食べる際にはナイフで切り刻んで食べているのが特徴的です。その他にも、羊の肉を串にさして焼くシシケバブなどもあるそうです。

色々な種類があるそうですがイスラム教徒が多い地域ですので、豚肉の使用はされていないそうです。以上が「世界三大料理」の特徴です。