試験を受け調理師の免許を取得する

料理学校や料理教室と一言で申し上げても、日本にはもの凄い数の料理学校や教室が存在しています。

国家資格の調理師免許や栄養士の資格を取る為には、高等学校や短期大学に加えて専門学校などに通う必要があります。

働きながら調理師免許を取得したいという社会人の方や昼間お仕事をしているかたの為の夜間学校などもあります。

調理師の免許を取得するには調理師試験を受けないといけません。

試験科目は、衛生法規、栄養学、食品衛生学、食文化概論、公衆衛生学、調理理論、食品学の7科目あり、その試験に合格すると調理師免許を取得する事が出来ます。

ですが、調理師育成施設を卒業した方は、調理師試験を受けなくても調理師の免許が無試験で取得する事が出来ます。

短期大学などでは基本的に2年間で料理の基礎や応用などをみっちり学びます。夜間大学には1.5年間で料理の基礎や応用などをみっちり学べる学校もあります。

専門学校などにはご自身で選択できるコースがあり、1年制と2年制のどちらかを選ぶことができます。1年制のコースでは、基本的に料理の基礎を学んで終了といった感じです。

2年制のコースでは、基本的な基礎にプラス応用やなどをじっくりと学ぶ事が出来ます。ご自身が学校でじっくりと料理の知識を学びたいのなら2年間通うことをお勧めします。

逆に、早く現場での実践や経験を積み重ねたいとお考えの方には1年間のコースでもいいのではないかと思います。ご自身に合った学校やコースをきちんと選ぶ事が大切です。

次は料理教室についてお話したいと思います。料理学校と料理教室って一見同じように思えますが通う目的は全然違います。

料理学校は基本的に将来調理の仕事に就きたいと思っている方や、調理師免許を取得したいという方が通う学校です。

一方、料理教室に通う方の多くは主婦や花嫁修業中の女性の方が多く、家族や将来のために料理のレパートリーを増やしたいという理由や、料理を腕を上げたいという理由で通っている方達が多いかと思います。

最近では、定年退職をした男性の方が奥様の為にと料理教室へ通う方も増えている様です。

教室によっては週末に限り、親子料理教室を開催しているとこもあるそうで、親子で楽しめるお菓子作りやパン作りなどをして楽しんでいるそうです。

基本的に料理教室へ通っている多くの方は、趣味や楽しみを目的に通っている方が多いようですね。楽しみながら料理の腕を上げ、レパートリーを増やせるのなら通ってみたいものですね。