十分に気をつけなくてはなりません

食物アレルギーとは食物を摂取した後に、食物に含まれている成分をご自身の身体が異物として認識した際、ご自身の身体を守るために起こす反応の事を言います。

特に気をつけなくてはいけないのは、乳幼児から幼児の時期にかけてが一番注意が必要な時期です。離乳食を始める際、初めて口にするモノに対してはアレルギー反応を起こさないか確かめる為に、一口だけあげるようにした方が良いでしょう。

その日に異常が見られなければ、次回からはもう少し量を増やしてあげても良いでしょう。この工程を、初めて口にするものに対しては毎回行うよう心掛ける事が必要です。

乳幼児や幼児に起こる食物アレルギー反応の大半は、たまごや牛乳と言われています。アレルギー反応を起こしてしまいますと、痒みがでたり、咳がでたり、じんましんがでたりという症状が起きます。

酷い場合には、意識がなくなったり、ショック状態に陥ったりする場合もありますので十分に気をつけなくてはなりません。

アレルギーは、必ずしも一生続くとは限りません。成長と共にアレルギー反応が出なくなっていく場合もあります。

その逆もあり成長につれアレルギー反応が出てきたという例もあります。

また幼児期には、たまごや牛乳のアレルギー反応が起こりやすいとされ、成長と共にカニやエビなどの甲殻類によるアレルギー反応が起こるケースが多いとされています。

食物アレルギーを起こしてしまう原因になるタンパク質は火を加える事によってアレルギー反応を起こしにくくなる場合のもあります。

ですが落花生は火を加えてしまう事によりアレルギー反応を引き起こしやすくなると言われていますので注意して下さい。

食物アレルギーをお持ちの方や、家族の中に食物アレルギーをお持ちの方いる場合、一番大変なことは食事管理だと思います。

原因となってしまう食物の代わりとなる食品や食材を探し求める事で少しは改善する事が出来るかと思います。

今回はアレルギー反応を起こしやすいとされています、たまご、牛乳、小麦の摂取してはいけない食品と代わりになる食品をご紹介したいと思います。

たまごの場合まず避けて頂く食品は、マヨネーズ、プリン、アイスクリーム、たまごを使用したカステラやケーキ、食パン、ハム、卵白を使用したチクワやかまぼこ、などがあります。

それに代わる食品は、納豆、豆腐、魚、シャーベット、せんべいなどがあります。牛乳の場合避けて頂く食品は、アイスクリーム、プリン、チーズ、バター、ヨーグルト、ケーキ、生クリームなどがあります。

それに代わる食品は、納豆、豆腐、豆乳、魚、シャーベット、せんべい、などがあります。小麦の場合避けて頂く食品は、そうめん、うどん、小麦を使用したケーキやカステラ、クッキー、味噌、醤油、などがあります。

それに代わる食品は、あわ、ビーフン、お米、片栗粉、ひえめん、コーンスターチなどがあります。これらを参考に料理を行い、アレルギー反応を起こさないように心掛けて下さい。